2017年6月17日土曜日

横浜市鶴見倫理法人会 第733回経営者モーニングセミナー

平成29年6月6日 第733回経営者モーニングセミナー



逗子葉山倫理法人会 幹事 (株)中央メディアエジェンシー取締役
佐藤晴美さんをお迎えして、行いました。

なんと今回が、記念すべき30回目の講話だったそう!
(詳細は、下記■講話に記載しております)

■役員朝礼


本日は9名の役員で役員朝礼をしました。

役員朝礼は、皆様を“おもてなしの心でお迎えしましょう”という気持ちに切り替えるため
にやっています。
どなたでも参加できますので、6:00までにお越しください。

(朝礼開始後は朝礼終了までの10~15分程度、集中するため入場を閉め切っております。
 終了次第、扉を開けますのでその間にお越しになられた際は、お待ちください)

 ■進行 相村龍二専任幹事


■朝の挨拶  柳川那美幹事


■会長挨拶  高木邦一 会長



■講話 佐藤晴美 逗子葉山倫理法人会 幹事



当時悩みはないと思っていた晴美さんでしたが、
ご縁のあった方が倫理法人会に入って
人を包み込むようなオーラになられたのを目の当たりにして、入会されました。


倫理の3原則のうち、明朗・喜働はすでにやっていらした晴美さん。
ですが、家族の愛和は苦手分野だったそうです。
というのも、当時お父様への憎しみから、5年間絶縁状態だったから。

倫理法人会に入ったからには、原則を実践したいと思っていたところ、
そんな話は一切伝えていないのに
「親への恩は、産んでくれてありがとう、それだけで良いんだよ」
という言葉をかけてもらう機会を得られました。

それに元気をもらい、5年ぶりにお父様に会ってみたことで
お父様からの愛情を感じることができ、これまで気付けなかったお父様の気持ちに触れ
憎しみが溶けたことを感じたそうです。

脈絡もなく、
「産んでくれてありがとう」と口を突いて出て、
どれだけ気持ちが晴れやかになったか、忘れられない。

翌日、お父様からの電話があり、50年生きてきて初めて
お父様から「ありがとう」の言葉を掛けられた。


入って半年で、こんな素晴らしい経験ができたから
ブレずに倫理を続けているのだとおっしゃっていました。


そんな晴美さんだからこそ、おっしゃったこの言葉に
非常に説得力がありました。

「なんのための倫理? ―――幸せになるため。

これから残った人生、今日、いまが一番若い。
何をするのか、
どう、するのか、倫理を中途半端ではなくしっかり受け入れていく。

万人幸福の栞をこの場で終わらせてはもったいない、誰かに伝えないと!」

倫理楽しい、倫理大好き、それを誰かに伝えること、
一生懸命伝えれば必ず誰かに伝わると仰っていました。



■誓いの言葉 秋山俊幸幹事


■朝食会
本日も講師の先生を囲んで、楽しい朝食会です。
朝食会で会員同士の交流を図っています。

講話の感想を伝えあう時間でもあります。
皆さんの感想から、新たな気付きを頂くことも。


講話の中では話しきれなかった、伝えたかったことを
プラスアルファでお話しいただきました。


倫理法人会の創始者「丸山敏雄伝」の書籍を読むことで
改めて知ることや深まる気付きがあるので、ぜひ一読を!とおすすめ頂きました。


連絡事項
○今後の予定
・6月21日(水)鶴見ゴルフコンペ  太平洋市原にて 6組予定しています。
○本日の参加者は、17社17名でした。
○次回のモーニングセミナー
・日 程 6月13日(火)
・講話者 川崎市北倫理法人会 会長
 鎌田 健司様
・テーマ 山岡鉄舟、二宮尊徳、渋沢栄一に学ぶ倫理経営
      ~歴史の偉人の生き方に学ぶ倫理経営についての考察~
お誘い合わせの上、皆様のご参加をお待ちしております。


■モーニングセミナーへのお誘い
鶴見倫理法人会経営者モーニングセミナーは、経営者の方々の勉強会の場で、毎週火曜日の朝6:30からベストウエスタン横浜で開催しております。
経営者の体験談・経験談などを聞くことができます。
講話の後は、食事をしながらの交流会もあります。ご興味のある方はぜひご一報ください。ご参加をお待ちしております。

連絡先(事務局):電話045-315-2433 FAX045-315-2434


■ブログの閲覧とコメントのお願い
みなさま、いつもブログを閲覧していただき、また、たくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
当会のブログのコメントは、ID登録なしで簡単に入力することができますので、よろしくお願いします。